talk

2020年8月18日に発売されたFebri Vol.62に掲載された「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! THEATER DAYS Brand New Song」と「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! THEATER DAYS LIVELY FLOWERS」の感想です。



B08FT42PNK
Febri(フェブリ) Vol.62 [巻頭特集]ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld[雑誌]


試し読みは特設サイトで公開中。

・Brand New Song
第19話「その指先が語るもの」

年明けの新春公演の概要説明を受けるエミリーと紬。そして紬はPから何やらお願いをされたようで……?

ところ変わって劇場で桃子と遭遇した紬。どうやら新春公演ではエミリーの新曲がお披露目されるそうで、Pからは年長者として支えてほしいと頼まれたそうな。しかし、エミリーから羨望の眼差しを受け得も言われぬ感じを受ける紬……!!紬曰く『焦燥』のようだが……。

と、同じく新春公演に参加予定の朋花も登場。朋花はユニットの活動が忙しくなるということで、紬の活躍も期待しているとのこと。
朋花は紬の話から、エミリーと紬の間の複雑な心模様を察したのか「次のお休みにエミリーちゃんとデートしてみては~?」と提案。ナイス!

数日後、デートの待ち合わせで緊張した様子の紬。紬が待ち合わせ場所で待っていると、道に迷ったおばあさんと遭遇。東京に来てから地図アプリの使い方を覚えたという紬。おばあさんを案内してあげ、待ち合わせ場所へと戻ろうとした途中……カラスとぶつかりスマホがバキバキに……!!
地図アプリが使えなくなり、道が分からなくなってしまった紬。通りすがりの人に声をかけようとするものの、上手く話しかけられず、交番も見つからず……自分の記憶を頼りに道を戻った紬!

待ち合わせ場所があるであろう場所と走りながら、エミリーに対して感じていた感情を頭の中で整理する紬。しかし、駅まで辿り着いた時には約束の時間から既に2時間以上が経過。
待ち合わせ付近では、何故か桃子が!どうやらエミリーが紬を心配して、桃子たちに連絡した様子。

待ち合わせ場所へとたどり着き、エミリーを抱き締める紬……!!!!

と、人目を気にして一旦甘味処へ!そんな二人を見送るようにドヤ顔してる桃子かわいい。

甘味処にやってきて、朋花と話をしたことで紬の複雑な気持ちを知り……頭を下げるエミリー。
ありのままの自分を知ってもなお、羨望の言葉をかけてくれるエミリーに涙する紬。

どうやら紬は元々、Pにスカウトされる前からアイドルに憧れていた様子。紬はとある番組を見てアイドルに憧れていたそうで、その番組名が「ULA(アルティメットライブアリーナ)」だったそうな!!!うわーーーーーーーーッッ!!!!(思い出ボム)

関連記事:【グリマス】「アルティメットライブアリーナ」まとめ
※ULAとはGREE版ミリオンライブで開催されていたイベントシリーズのこと。予選リーグ 第1回の上位報酬がエミリーでした。ここに、ここに繋がってくるのか……!!
ULA予選オーディションの案内が765プロに届いた、ということで今回のお話は終了!!!これは、これはーーー!!
本編後のキャラ紹介、今回は白石紬!ULAを見て漠然と憧れた、という設定のみ今作独自の設定になるようです。ULAは今後、紬だけでなく百合子たちの活動にも大きく影響を与えることになるそうな。
令和の時代になってまさかULAの名前を改めて見ることになるとは思わなかった……。ありがとうima先生!

・LIVELY FLOWERS
今回は静香・美也・エレナが扉絵!
全5つのお話の中、静香、奈緒、莉緒、未来、美也、茜、紗代子、エレナ、琴葉がそれぞれ登場していました。
5つのお話ですが、今回は全体通してお話が繋がっている感じ。勘違いしてドキドキしちゃう静香や琴葉が可愛い回でした!


記事タイトルにもある通り、雑誌「Febri」は今号をもって休刊となるそうです。
連載コミックについては12月発売の新雑誌に移行予定。最新情報は一迅社のWEBサイト・Febriのツイッターをご確認下さい。
また、新しいWebメディア「Febri」も同時期にスタート予定だそうです。