GREE版ミリオンライブでは2016年4月18日から4月30日の期間に「CD&ボイスドラマキャスト投票キャンペーン」が実施されました。こちらのキャンペーンは同年発売されることになった「THE@TER ACTIVITIES」シリーズのキャストを決める企画でした。当時の結果発表については以下の通り。
関連記事:【グリマス】CD&ボイスドラマキャスト投票の結果が発表!!

CD発売時にはゲーム内で「前日譚エピソード」も公開。流石に音声を載せるのは難しいので、ここではエピソードの中身を聞き取ったものをまとめています。(動画サイトには上げている方もいるので、気になる方は是非そちらで。)
まとめは当時の前日譚エピソード公開順に一人ずつ。続いては矢吹可奈の分。
プロデューサーさん、私の決心聞いてくださーい!
今度のホラー映画「魅裏怨」の普通の子役、精一杯頑張りますね!えへっ♪

実は…最初プロデューサーさんからホラー映画の出演が決まったって聞いた時は、私にできるのかな~大丈夫かな~って不安で…夜もあんまり眠れなくなっちゃってました。
でも、プロデューサーさんに励ましてもらったり、美奈子さんといっぱいお話したり相談に乗ってもらったりしていたら、「矢吹可奈、ここでやらなきゃ誰がやる~」って気持ちがむくむく盛り上がってきちゃいました~!
自信は…まだあんまりないんですけど…。
でも、私を応援してくれてるファンの皆さんのためにも、プロデューサーさんみたいに私にこの映画に出ていいよって言ってくれた人たちのためにも、私らしいホラー映画を目指していざ突き進もう~♪頑張ろう~♪ゴ~ゴゴ~♪

でもプロデューサーさん…私本当にお化けが怖いんですよ~!
撮影中に怖くなって逃げたくなったら、どどどどどうしよ~…。

…そうだ!プロデューサーさん、せめてカメラの回ってないところでは私の近くにいてくださいね!
約束ですよ。絶対絶対、絶対ですよ~!



当初、「CD&ボイスドラマキャスト投票キャンペーン」で「普通の子」に選ばれたのは田中琴葉でした。しかし中の人が暫くお仕事をお休みすることとなり、2位であった可奈が繰り上げ当選。ただし前日譚エピソードではそういった経緯は特に触れられておらず、実際のドラマCDも可奈らしい「普通の子」として描かれていました。

「THE@TER ACTIVITIES」の「学園ホラー」については配役に演じた人物のキャラクターが大きく反映されていたような印象でした。「普通の子」可奈の学園ホラーも大変面白かったのですが、当初の通り琴葉が演じていたら一体どういう内容になっていたのか気になってしまう…。