talk

2018年2月13日に発売されたFebri Vol.47に掲載された「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! THEATER DAYS Brand New Song」の感想です。


第4話 さいしょの歌

初ステージから二か月後、Pから新プロジェクトの話をされた百合子・未来・桃子・風花・紬の5人。
39プロジェクトの活動、劇場の運営も軌道に乗ったこともあり、新たに39プロジェクトの全員に新しいソロ曲が用意されることに。プロジェクト名は「Brand New Song」とのこと。
企画の締めくくりには大規模ライブも予定され、39プロジェクトの全員が主役となれるようなライブにしたいとのこと。

第三話で「また3人で歌いたい」「このユニットを今日までのものにしたくない」と言っていた桃子先輩は、ソロ活動が始まることに若干不安げ&不満げな様子。調整中と言われて「……そう」とは返したものの、やはり納得いっていないようで…。

それに対し、ソロ曲を歌えることに前向きな様子の未来や風花さん。一方で紬はPの能力には一目置いているものの、目まぐるしく変わっていく状況に自分の成長が付いていっているか不安な様子。そんな紬に「だって紬ちゃんかっこいいもん!」と励ます未来。未来ちゃんらしいポジティブな励ましに、思わず笑ってしまった紬。

百合子はそんな二人を見て、まだまだ沈んだ面持ちの桃子に声をかけて一緒にカラオケに行くことに。このみさんも誘って、という言葉に嬉しそうな桃子先輩が可愛い。
訪れたカラオケで「おとなのはじまり」を全力歌唱するこのみさんww桃子先輩もパンケーキを食べつつ、三人でまた揃って会えたことにご満悦。三人で再度集まれたことに各々嬉しそうではあるものの、急に呼び出されたことを「何かあったのかな…って」と心配していた様子のこのみさん。
ソロ曲のことに話題を振られ、自分に与えられた新曲が自分のことだと気付いた百合子。
そして、最初は自分のソロ曲に共感できなかったものの、百合子とこのみさんと再会して向き合えるようになったという桃子先輩。

それぞれの想いを胸に、不安も抱えながらも前に進んでいく桃子たち。
マイクを差し出さた桃子先輩がふたりに「ローリング△さんかく!」を披露する…ということで今回は終了。
あとがきではima先生の未来の紹介コメントが掲載されていました。

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! M@STER SPARKLE 01 (特典なし)
THE IDOLM@STER MILLION LIVE! M@STER SPARKLE 01 (特典なし)

メンバーと最後の演出を見てもわかる通り、「Brand New Song」第一弾のメンバー構成は「M@STER SPARKLE 01」のメンバーでした。漫画のタイトルに「THEATER DAYS」とあるように、ミリシタの世界線ではこうやってアイドルたちが成長していくこともあるんだなという可能性を感じられるお話でした。「M@STER SPARKLE」の流れだと、このみさんは「「M@STER SPARKLE 03」での登場なのでこちらがどういう描かれ方になるのかも気になるところ。

プロローグを含めると今回で全5話分になったので、そろそろ単行本の情報もあったら良いなぁ。

Febri Vol.47
Febri Vol.47