遅くなりましたが、現在百合子のキャラバンストーリーが公開中です。

1

百合子・杏奈・奈緒でのイベントを成功させた帰り道…

2

前は駐車場だった場所に新しい本屋が出来上がったということで、三人で行ってみることに。

3

早速オススメの本を教え合う杏奈と百合子。

4

Pも奈緒の話を聞き、劇場アイドルの写真集特設コーナーを見に行くことに。

5

暫くして百合子と杏奈の元に戻ると、何やら慌てた様子の百合子。
奈緒も杏奈たちの話に加わり、杏奈の意見に同意だと告げます。

一体何の話を…と思っていると

6

突然一人で帰ってしまった百合子!一体

7

百合子に避けられているようで、百合子自身のことを心配するP。

8

9

杏奈と奈緒にも百合子が悩みを抱えている様子はなかったか訊ねるが、奈緒の百合子イメージがww

10

11

事務所に戻り、やはり百合子からは避けられている様子。
そこで、百合子が先に帰ったのはパラ見していた本に理由があるかもしれないと考えたP…というところで前編は終了。

後編では先ほどの書店に百合子が見ていた本を探しに行き…

12
 
バッタリ百合子と遭遇。どうやら新刊の取り置きをしていたらしい。

13

百合子に避けられているみたいだったことを正直に話すP。

14
 
場所を移動し、先ほど百合子が読んでいた本について教えてもらうP。

15
 
そのファンタジー小説の主人公に一目惚れしていたらしい百合子。

16

が、杏奈や奈緒曰く「主人公がプロデューサー」に似ているらしい!

17

18

百合子は小説の主人公のことを説明していているだけだと弁明していたが、ここまで褒められる主人公と「似ている」といわれると恥ずかしいなww

19

一番頼りになって信じられる人はプロデューサー、と百合子から言われ、今後のプロデュースもお願いされてしまった。嬉しいけどちょっと恥ずかしいな!

20

百合子が慕ってくれているの受け止め、今後も全力で支えることを誓うP。

00

ストーリー終了後、百合子お気に入りの小説をゲット!

fantasy story

「Fantasy Story」が小説のタイトルなんだろうか。P曰く、主人公と自分のどこが似ているかは分からなかったようだが…
百合子の真っ直ぐな好意に応えられるよう、頑張らないとな…!