talk

ゲッサンで連載中のミリオンライブ第八話と先日発売された単行本の感想です。
まずは今回姿が確認できたキャラ一覧。
■台詞あり
最上静香
プロデューサー
春日未来
横山奈緒
佐竹美奈子
箱崎星梨花
望月杏奈
高坂海美
北沢志保
田中琴葉
音無小鳥
馬場このみ

静香父
静香母

■台詞はないが姿は確認できたキャラ 
舞浜歩
二階堂千鶴
豊川風花
伊吹翼
ジュリア

翼とジュリアは表紙のみ出演。

シアター組への質問企画。今回は以下の質問と回答が掲載。
「朝食はパン派ですか、ご飯派ですか?」の質問を未来、静香、翼、まつり、可憐、エレナ、千鶴、志保が回答。
「座右の銘は何ですか?」の質問を杏奈、ジュリア、海美、このみ、昴、美奈子、琴葉、星梨花、亜利沙が回答。
杏奈の回答に笑ったwwww

今回は単行本発売と時期が重なっていることもあり、本誌もミリオン要素が盛りだくさん!
巻頭カラー、応募者全員サービスの特製ロングタオル、特別付録アナザーverブックカバーなど。ゲッサンプレゼントには今月号の表紙である未来と静香のイラストのQUOカードも!
また、次号は最上静香verの全員サービスグッズが登場予定とのこと。
一先ず、今月号の応募者全員サービスの締め切りは4月11日(土)までなのでお忘れなく!

第八話「クレシェンドブルー」は巻頭カラーというわけで、冒頭から幼少もがみんが登場!かわいい!
これまでゲーム内で語られてこなかったもがみんのアイドルになり始めた頃の回想が描かれています。こちらはゲーム内の試し読みで9月12日まで閲覧が可能。単行本派の方も、今回の試し読みは閲覧か保存をオススメしたい!

これまでもがみんが「時間がない」と言っていたことや、初期の頃Pに対して頼りないと言っていた理由がなんとなく分かる回想になっていました。

回想が終わると、七話の続き。急に出ていってしまった静香の手首を掴む未来。
未来に顔を見られ、慌てて涙を拭う静香。笑顔を取り繕い未来と話をします。

未来が話すのは文化祭のステージのこと。一緒にステージをやろうと言う未来に対し、静香の態度はどこか冷たい。何でも自由に出来ている未来に対して、苛立ってしまったのか、つい「あのステージ!本当は私だって立ちたかったのに!」と口走ってしまいます。
思っていても言ってはダメなことだったと自身でも分かっているからか、すぐさま謝罪をするもがみん。この日は一旦別れることにしたものの…。

場面は変わって、劇場の控え室へ。黙々と勉強しているもがみんと、一人で牛乳を注いでいる未来。二人の間には全く会話がなく、非常に居心地の悪そうな様子のなおなお!読んでる雑誌が上下逆だww

Pに呼ばれて静香が現場に行ったことで一息つき、なおなおがぼーとした未来に話しかけると…。
口についていた牛乳を拭いながら泣き出した未来を慰めつつ、美奈子に助けを求めるなおなお。
美奈子が持ってきたであろうまんじゅうを前に、二人で未来の話を聞くことに。

未来は「静香が未来のステージに不満で怒ってる」と思っているものの、二人は他の理由があるんじゃないかと語ります。
他の理由と言われ、静香が自分のことを嫌いになったのかもと泣き出す未来。すかさず鼻水を拭いてあげる美奈子…!

他の理由が見当付かない、ということで同じ控え室にいた海美や星梨花、杏奈、志保に助言を求めます。
が、うみみはまんじゅう頬張り中、杏奈は充電中。星梨花ちゃんも志保ちゃんも詳しい理由は知らない様子。
そんな風に悩んでいる最中、琴葉が登場。打ち合わせ組であった、未来と志保以外は控え室を出て行くことに。 

二人きりになり、静香が言った「ステージに立ちたかった」というのはそのままの意味じゃないの?と言ってくれる志保ちゃん。しかし、「そのままの意味」というのがいまいちよく分からなかった様子の未来。文化祭のステージへの誘いは断られたことも相まって、ますます悩むことに。

そんな悩む未来ちゃんの元へPが「特別手当」を支給!初給料に嬉しそうな様子の未来。そして、給料を貰ったことで「静香ちゃんはアイドルのプロだから、お金でお仕事を依頼する」 という提案を思いついた未来。

場面は変わって、事務所で休んでいる静香に。ロケを終えてきたという静香にお茶を出しつつ、聞きたいことがあると登場したんは小鳥さん。
どうやらホワイトボードにお金と一緒に「お仕事をいらいします」ともがみん宛てにメッセージが!
が、仕事の依頼主の名前はなく、「静香」や「依頼」も漢字じゃなくひらがなwwwしかも依頼は一度「衣…」と始めそうになったのをペンで消している…ホワイトボードなんだから普通に消せただろうに…!

宛名がないこともあり、「環ちゃんのいたずらかしら」と言い出す小鳥さん。
「全く…お金をこんなところに置くなんて、後で叱っておかなくっちゃ」とお金を手に取ったのは、静香…だと思っていたが、小鳥さんという線も有り得そうだな…?画面にはシャツの袖しか映っていないが、静香と小鳥さんもシャツだった!どっちなんだろう。


場面は変わって、レッスン中の準備体操中の未来・奈緒・このみさん・星梨花が。
そして、喧嘩から仲直りするため「静香ちゃんに文化祭のステージをオファーした」ことを話す未来!
この前立たせてもらったステージを経験して、あそこへ連れて行った静香に対して「今度は私が作りたいの。静香ちゃんのステージを!」と笑顔を浮かべる未来。

場面は変わって水月祭。 

究極の一杯 最上静香

「究極の一杯 最上静香」をイメージしたであろうもがみんが登場!更にお客さんから「票花」を貰う、イベント「決選!学園ミスコンサバイバル」のネタも採用。中に着ている制服は違うが…!友人にうどんを茹でるの代わろっかと言われ「この仕事だけは他人に任せちゃおけないわ」「うどんは生き物…耳をすませば声が聴こえるの」と言うもがみんの目は真剣だったwwww
その一方、これといって見たいものも無いから、と言うもがみん。

そして場面は変わり、体育館。ステージ前で実行委員にステージのことを任される未来。
765プロにシークレットゲストを頼んだ…と未来ちゃんは言っていたが、小鳥さんももがみんも誰からの何の依頼か分かっていなかったようだが…!?封筒の中にメモでもあるのか?大丈夫なんだろうか…!?

事務所でも、このみさんが未来の計画を心配している様子。文化祭が気になって見に行きたいが、最近の文化祭は「保護者の他は地域の中学生」だけしか入れないらしい。
そこで中学生である星梨花ちゃんと杏奈が文化祭に偵察に行くことに。

アイドル学園 望月杏奈1100ed817a7c385c2a

二人の衣装は上の2つ。
が、制服を着た二人は少々「危なっかしい」と評するこのみさん。誰か中学生に変装して…と言い出し、志保ちゃん、千鶴さん、風花さん、歩に見つめられることに…ww

時間はどんどん進んでいき、ステージの時間も迫ってくるが…!?というところで、今回の話は終了!
またしても次号がどうなるのか気になる展開だな~!


本誌の感想が長くなってしまいましたが、3月12日に発売された単行本についてもちょろっと。
単行本1巻に収録されているのは全5話。

サイト内の感想記事だと以下のものが該当。
【グリマス】ゲッサン「ミリオンライブ!」第一話感想
【グリマス】ゲッサン「ミリオンライブ!」第二話感想
【グリマス】ゲッサン「ミリオンライブ!」第三話感想
【グリマス】ゲッサン「ミリオンライブ!」第四話感想
【グリマス】ゲッサン「ミリオンライブ!」第五話感想

第三話と第四話の間にあった「ミリオンラジオ見学レポート」についてはやはり掲載されていないようです。
更に、第三話から始まったシアターアイドルへの質問企画もやはり掲載なし。

細かい感想は省きますが、第三話であった「青い鳥」という誤変換は無事に修正されているようです。
また、第四話のカラー扉絵が単行本の冒頭でカラーで掲載されています。
各話の合間にミリオンアイドルのプロフィールも掲載されているのですが、今回は
未来→静香→このみさん→まつり姫→奈緒→エレナ→翼→琴葉→昴
の順番でプロフィールが掲載されていました。
後書きには門司先生とアシスタントさんによる亜利沙、可憐のHHP書き下ろしイラストも掲載。

それから、今回発売された単行本には「CD付き特別版」も用意されています。
基本のストーリー内容は第四話をベースにしているという感じ。追加されたり削られたりしている部分もありますが、漫画とは微妙に違う展開もまた面白かった!ストーリーは勿論だが、もがみんの「蒼い鳥」も未来ともがみんの「GO MY WAY!!」カバーも凄く良かった!



単行本発売記念ということもあり、コミックナタリーで門司先生と担当さんのインタビュー記事が掲載されています。
最初の方は本当に大変だったんだなぁ…!ライブ中にぶっ倒れた門司先生…本当にお疲れ様です…!











今回、単行本に関するツイートがかなり多かったので一部割愛。
単行本はライブ会場でも取り扱いがあるようなので、まだ購入していない方でライブ会場に行かれる予定の方はそちらで購入してもいいかもしれません。
CDが今後続いていくかは分からないが、2巻以降も特別版があるといいなぁ~。

アイドルマスター ミリオンライブ! 1 オリジナルCD付き特別版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)
アイドルマスター ミリオンライブ! 1 オリジナルCD付き特別版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)

アイドルマスター ミリオンライブ! 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
アイドルマスター ミリオンライブ! 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

ゲッサン 2015年 04 月号 [雑誌]
ゲッサン 2015年 04 月号 [雑誌]